6月

11日 小学校合同田植え

13日 小学校参観日

  救急法教室・親子スポーツ大会

14日 蛍鑑賞

20日 中学校参観日

21日 畑の草取り

11日 小学校合同田植え

 小学校との合同行事で地元農家の方の田んぼの一部を借りて、田植えを体験させてもらいました。

 素足で田んぼの中に入り、転びそうになったりしながらも前かがみになって稲の苗を植えていきます。高学年の子達は低学年の植えたところを手直ししてあげたりもしていました。

 泥だらけになった手足を田んぼの横の水路で洗い落としながら、「お米が出来て稲刈りをするのが楽しみ」と話し合っていました。

文・指導員M

13日 小学校参観日

 参観日では、救急法教室と親子ドッチボール大会が行われました。

 救急法教室では消防署の方々からAEDの使い方をマネキンを使いながら実践して学びました。又、これからプールの授業も始まるので、溺れた時や溺れた人を見つけた時の対処法についても教えて頂きました。

 午後からは親子ドッジボール大会、今年は3チームの親子混合チームに分かれて試合が行われました。大人も子どももお互いに良い所を見せようと張り切ったのか、とても白熱した試合になりました。

文・指導員M

14日 蛍鑑賞

 まだ肌寒いからかあまり姿を見せなかったのですが、例年より一週間遅れでやっと蛍も出てきました。留センで蛍の生態を学び、すっかり日が暮れるのを待って出発です。長袖長ズボン、懐中電灯はもちろん、蛍を捕まえるための竹箒も大事な道具です。

 学校の近くの小川から田植えが行われたところまでゆっくり歩きます・・・。すると一匹、二匹三匹と小さな灯りが段々増えゆっくり飛んでいます。「蛍って熱いの?」初めて見る子は尋ね、何年もいる子が捕まえてきて手に乗せてくれます。中学生がジャンプしながら箒を振り回しています。懐中電灯のガラスの部分に何匹も蛍を入れて「おお明るいねぇ」と面白がっています。これは後から逃してあげるのに苦労してました。

 今の留学生が大きくなって自分の子ども達と一緒に蛍が見れるといいなぁ・・・。そんなことを話しながら帰ってきました。

文・指導員N

21日 畑の草取り

 梅雨の時期はあっという間に草が生えてきます。つい先日草取りをした畑もいつの間にか雑草が伸び放題。久しぶりに小学生と中学生がそろった日曜日、みんなで畑の畝の雑草を取りました。

 一時間だけという約束でしたが、珍しいことに腰を上げる子もお喋りをする子もいません。みんな黙々と一時間、すっかりきれいになりました。

 これだけやって遠くから見たら見事にきれいなものです。日記にはその日の小さな達成感にあふれていました。

文・指導員N

日常の様子

 今月はソフトの練習も本格的にユニフォームを着て練習を始めました。キャッチボールも少しはサマになってきたかな?神楽教室も始まりました。楽師では大太鼓の試験が行われたようです。今年の大蛇役は大所帯となりました。今月は基礎的な練習が主ですが、11月のの共演大会に向けてスタートをきりました。

 小学生はプールも始まりました。本郷は6月と言っても川から水を引いているため水温は低め、天気によって「今日は寒かったぁ」「今日は気持ちよかったよ」と報告してくれます。7月の川泳ぎも楽しみです。

 中学生は山口市での部活の大会が2日連続ありました。自己新記録も続々でたようですが、それでも実力の差が・・・。

文・指導員N