そうめん流し

 今日は母親クラブ主催の「そうめん流し」に参加しました。

 はじめに自分たちが使う器とお箸も作ります。切りだされた竹から材料を受け取り、"すいばり"が刺さったりしないように一生懸命に紙やすりをかけました。早くに完成した子たちは余った材料で、竹ぽっくりや竹とんぼを作ったりして遊びました。

 お昼の時間になると食べる場所を「そうめんクイズ」の正答数順で決めて、いよいよそうめんが流れ始めました。最初は“目の前に流れているそうめんは何が何でも取らないといけない!”とでも思っているようで、下の方からは「流れてこないよー!」と悲鳴が上がったりしていました。下の子たちにもそうめんが行き渡り始めると「腹いっぱい食べるならココが一番!」と一番最後のそうめんの受けザルの所を陣取って、そうめんをすすっている子も・・・。

 作った器とお箸は、記念に持って帰るために保管したりペン立てに使ってみたり、「灰皿に使って!」と所長にプレゼントしているお腹をぽっこりふくらませている子もいました。

 

 ※すいばりとは山口県の方言です。木材の刺などが刺さったりした時につかいます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    涼(^_^)/ (木曜日, 03 10月 2013 19:51)

    そうめんおいしそう(>_<)

  • #2

    サダボー (日曜日, 06 10月 2013 12:40)

    おいしそう~ 夏もいいもんですね。『すいばり』って、山口の方言なんだ。初めて知りました(笑)