第32回子ども弁論大会

 今日は第32回の子ども弁論大会です。小学校5、6年生の子ども達が思い思いの主張を発表します。

 留学生の発表は「留学センターに来て成長したこと」など留学生活に関することが多かったのですが、中には原発問題や自然環境問題について発表する子もいました。

 留学生の「僕はS先生の事が大好きで、きっとS先生もぼくの事を好きでいてくれていると思います。」といった発言には審査員席のS先生も照れ笑いを浮かべていました。

 最優秀賞は残念ながら留学生からは選ばれませんでしたが、優秀賞には二人選ばれました。賞をとれた子もとれなかった子も良い思い出になったことでしょう。でも果たして大人になった時に今日撮影された自分の発表を最後まで観ることができる子は何人いるでしょうか・・・?私は自分の発表を大人になって見たときは、ムズムズと恥ずかしくなってしまい途中で観るのをやめてしまいました・・・。

~日記コーナー~

「弁論」 小6 男子

 僕は、弁論を頑張り優秀賞を取ることができました。

 僕は本番に弱いタイプです。でも今日のため毎日とても頑張って練習しました。

 いざ台の上に上がると、頭が真っ白になって、気がつくと発表が終わっていました。

 何はともあれとてもよい結果が出てとても良かったです。