とんど焼き

 本日はとんど焼きです。

 留学センターではとんどの準備から子ども達自身で行い、やぐらを組む竹も前日に中学生が中心になって山から切り出してきたものです。

 夕方の天気が心配なこともあって早めに点火!竹が燃えてパンパンと弾ける音に子ども達は「大砲だ!」とはしゃいだりしながら燃えるとんどに見入っていました。

 中には音がする理由を尋ねてきて、今日はじめて竹の構造を知ったっと言っている子もいました。7月に「流しそうめん」をした時にも、割った竹にそうめんが流れていたのですが、どうやら食べる方に夢中だったようです。

 火が落ちついてしばらくした後には、寮母さんの用意してくれたぜんざいを食べて、その後は焼き炭を利用してバーベキューもしました。子ども達の食欲の前に用意していた食材はあっという間に平らげられてしまいました、

~日記コーナー~

「とんど」 小5 男子

 今日は人生で初めてのとんどでした。

 朝の10時から準備などをして、いったん留センに帰って昼食を食べて、その後に自由時間で宿題をした後に、いよいよ田んぼでとんど焼きが始まりました。

 S先生のとんどの説明を聞いてとんどのことが大体わかりました。

 今回は夜にできなくて残念でした。

 そして火がつきどんどん燃えていきました。灯油を巻くと一気に火が大きくなって迫力がありました。

 4時からはバーベキューで美味しくて楽しかったです。

 あと、校長先生やSさんにビールをついでほめられました。嬉しかったです。またしようと思います。

「とんど」 小6 男子

 今日の午後2時頃から前日から準備していたとんどをやりました。

 準備はやぐらを組み立てたり竹を切ったりといろいろ大変で今日のとんどが楽しみでした。

 噂によると天候が良くないと聞いて不安になりました。でも、燃やしたりバーベキューをしている間は幸い雨は降らず美味しく食べられました。

 これはきっと日頃の行いがいいからでしょう!きっと。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    フラメンカ (日曜日, 03 2月 2013 22:11)

    3学期になって最初の留学センターのイベントですね。
    フラメンカも参加させて頂きました。
    当日はとんどデー・・・JR岩国駅から本郷へ向かう途中の錦川のいたる所でとんどが組まれていました。

    昨年のとんどはとても冷え込み田んぼのぬかるみで、足元からしんしんと冷気がこみ上げてきましたが、今年は点火時間が早かった事もあり、さほど寒さを感じず、寒さが苦手のフラメンカには助かりました。

    とんどでは、松飾りや書き初めを一緒に燃やすのが風習だそうですが、どうしてもお家に持って帰れなかったテストなどを燃やした留学生もきっといた事でしょう(^^;)

    大人の人達に教えてもらいながら、自分達で山から竹を切り出したり、やぐらに組んだり・・・する事で、何故、竹を使うのかとか、のこぎりやナタなどの刃物の使い方とか、きちんと燃える様なやぐらの組み方とか・・・留学生達はまた一つ貴重な経験を積みましたね。

    短い3学期ですが、風邪をひかないように、元気に乗り切ってくださいね。