文化祭&栗拾い

 本日は中学校の文化祭です。

 中学生達は日ごろの勉強の成果を発表し、小学生達も一学期から練習している「子ども神楽」の初舞台となりました。

 中学生たちの発表は舞台では合唱や演劇などが行われ、展示物も素直に感心できる物からなんじゃこれと笑わせてくれる物まであり、小学生達と一緒に見て回りとても楽しませてもらいました。

 神楽では残念ながらミニバスの試合が重なってしまったので、代役や一部配役を変えての公演となり、公演中には大蛇の首がなかなか取れないなど少し躓いてしまう場面が多々ありましたが、なんとか最後までやり終えることができました。

 来月は山代神楽共演大会があります、今日の反省を生かすことはできるかな?

 午後からは今日行っておかないともう無くなってしまうだろうということで、文化祭の片づけがある中学生とミニバスのメンバー以外でとなってしまいましたが、栗拾いへと繰り出しました。

 しかし、拾いに行ってみると落ちている栗は大半が山の動物たちに食べられてしまっていました。

 しかたがないので木をゆすって落とす強行策をとり、栗拾いというよりは栗落としになってしまいましたが、子ども達は木に登ってゆすったり、帽子で落ちてくる栗をキャッチしたりととても楽しんでいました。

 とってきた栗は後日寮母さんに頼んで、湯がいてもらいおやつとして皆で食べました。

~日記コーナー~

「子ども神楽」 小6 男子

 今日は、中学校の文化祭に、神楽をしに行きました。

 僕は婆役で、S君が爺役でした。

 最後まで何とか終わりましたがそれぞれ反省点があります。

 僕の反省点はいろいろありますが、大きな失敗は二つあります。

 姫とスサノオがどこかに去っていくとき手を振るタイミングを2~3回間違えてしまいました。

 どこら辺に姫が行ったら手を振るのかなどしっかり練習したいです。

 もう一つは酒を作って、大蛇から逃げる時です。

 逃げる時に腰が上がってしまい、元気な若者みたいになってしまうのです。

 大蛇がどこら辺から出てきてどこの間をぬって逃げるのか、練習してはっきりさせたいです。

 もっともっと練習して、今の反省点をなくしていきたいです。 

「神楽&栗拾い」 小5 男子

 今日は中学校の文化祭で待ちに待った神楽がありました。

 準備が車で出し物を見て、順番が来たら急いで準備をして吹き始めました。(僕は楽師の笛です。)

 あんまり緊張しなくて楽でした。

 でも、出だしは少し戸惑って音が出ませんでした。

 なので「その分音をしっかり出したい!」「昨日より少しでもよく吹きたい!」と思って吹きました。

 爺婆とスサノオの会話の間だけは笛の中にたまった唾を出したりしていました。

 反省するべきだと思うところは、出だしの所で音をちゃんと出す、5調子の3番を間違えないように吹くことです。

 本当は3番は初めに人差し指を動かすのですが、薬指しか動かしていませんでした。

 でもまた11月25日にチャンスがあるのでそれまで頑張ります。

 夕方は少しだけ栗拾いに行きました。

 行ったら結構食べられていて、イガがあっちこっちに散らばっていました。

 それでも自力で何個か拾えてうれしかったです。

 去年はもっととれたといっていたので来年はたくさん取れたらいいな。

 一回誰かが落とした栗が当たってすごく痛かったけど、S君は顔面に当たったと言っていたからもっと痛かっただろうなぁと思いました。

 でも、袋一杯に取れたから、まぁ良かったんじゃないかなと思います。

 来年は動物に食べられる前に行ってたくさん取りたいです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    武ちゃんまん (火曜日, 13 11月 2012 15:56)

    こ〇〇がおるやん!
    て〇くんも。
    俺は、最近うまくやれてます。

    いつか、か〇〇に、電話しようかな?✨

  • #2

    フラメンカ (水曜日, 21 11月 2012)

    今回、フラメンカは中学校の文化祭を見に行きました。

    作品の展示では・・・夏休み中に、(我が子が)半ベソをかきながら仕上げた絵画や、理科の自由研究、授業での美術や書道の作品など、盛り沢山の内容でした。
    俳句の人気投票は、なかなかにナイスだったと思います。

    個人的には、夕ご飯の時にSクンが言っていた、先生に一発速効NGを食らったという一句(季語:秋)
    『秋風よ スカートめくれ さあ!!今だ!!!』
    が、傑作だと思っています(^^;

    ステージ発表も・・・ダンス・合奏・劇・有志発表・読書感想文や弁論大会参加の発表・全校合唱など生徒全員が力を合わせて、今日の為に努力してきた軌跡が見えました。
    昨年も、そうでしたがフラメンカは、どうしても全校合唱で生徒が一生懸命歌っている姿を見ていると、涙腺が緩くなってしまいます。

    小学生の寮生もこども神楽で頑張りました。
    まだまだ、練習不足な箇所もありましたが、今週末のビッグイベント『神楽競演大会』に向けて、最初の音が出なかった笛も、途中で大蛇に見入ってしまった鉦も、どんどんスピードアップする大太鼓も、舞っているうちに自分の行先が不明になる姫も、須佐之男に襲いかかる時、頭が下がってしまう大蛇も、大蛇に襲われて逃げる場面で、本当に驚いて慌てふためいた婆も、女子で初めて大蛇を舞う彼女も・・・きっと、その後、しっかりと練習した事でしょう。

    残念ながら、フラメンカは、みんなのステージを見に行く事が出来ませんが、必ずや本番に強い留学生の本領を発揮して、みんなが観客を魅了すると信じています。

    11月25日、日曜日の神楽競演大会・・・ガンバレ!!!
    このホームページをご覧になった方で、興味がお有りの方、是非子供達の熱演を見に足を運んでください。
    詳細は本郷山村留学センターにお問い合わせください。